Home > 組合の概況 > 組合長挨拶

組合長挨拶

組合長挨拶  - Greeting -

組合長挨拶

歯舞漁業協同組合 代表理事組合長 小倉啓一
代表理事組合長 小倉啓一

 当組合の前身である歯舞他5ケ村漁業組合は明治45年に設立され、その後、昭和19年から歯舞漁業会を経て、昭和24年8月1日、水産業協同組合法の施行に伴って現在の「歯舞漁業協同組合」として設立し、業務を開始いたしました。

 200海里規制以前には、中型さけます流し網漁船37隻、母船式さけます流し網独航船6隻を有するなど沖合漁業を中心としてきましたが、国際規制による減船等によって、現在は「ロシア合弁さけます流し網漁船3隻」、「日本200海里内さけます流し網漁船15隻」を残すのみとなりました。

 又、当時は遠洋まぐろ漁業にも活路を求め、まぐろ延縄漁船5隻を自営しておりましたが、この漁業もまた国際規制が強まり、止むを得ず撤退いたしました。

 こうした販売事業の取扱高減少に対処するため、昆布の加工・製造事業に着手し直販事業をスタートさせました。

 現在、「棹前昆布」の小袋加工品や乾麺類の他、平成2年から始めた「昆布しょうゆ」は業界最大手の「キッコーマン(株)」と提携し、関連商品を合わせた開発営業部門の総売上高は5億1千7百万円に達しております。

 「昆布しょうゆ」は、北海道で4番目の"地域団体商標"に登録され、その他各種加工商品や、「一漁業部会一品」の商品化を目指す漁業者の発案商標など、現在15種類もの商標を登録しております。

 歯舞という地名は北方領土問題で知名度はありますが、歯舞漁協では特産品を使った各種商品開発で活性化を目指しており、平成19年12月には北海道開発局の地域振興策である「北海道マリンビジョン21」のモデル地区に指定されました。
 平成20年3月には、首相官邸で開催された「立ち上がる農山漁村」会議に招かれ、地域活性化の取組みについて体験発表し、当時の福田総理大臣や有識者に深い感銘を与えたところであります。

 平成20年11月には、漁協の指導船による北方海域遊覧船運航事業を開始し、漁村と都市の交流による地域振興策を実施するなど数多くの事業に取り組み、北海道開発局の「わが村は美しく−北海道」運動の地域特産物部門において「金賞」を受賞した他、第1回「北海道マリンビジョン21コンテスト」の総合部門において文字どおり総合優勝にあたる「北海道開発局長賞」に輝いております。

 以上、歯舞漁業協同組合の概要を申し上げ、ご挨拶と致します。

歯 舞 漁 業 協 同 組 合     
代表理事組合長  小倉 啓一

歯舞漁業協同組合 〒087-0192 北海道根室市歯舞4-120   個人情報保護について | お問い合わせ